ロケットリーグ日本コミュニティのロゴ日本最大のロケットリーグコミュニティ
PR

ロケリ勢大期待の青春感じるeスポーツ映画「PLAY!」公開日が決定。追加キャスト、予告映像・ポスターなど一挙解禁!

1477文字 / 約2~3分
配信|ひかるん
ロケリ勢大期待の青春感じるeスポーツ映画「PLAY!」公開日が決定。追加キャスト、予告映像・ポスターなど一挙解禁! のサムネイル

ポスタービジュアル (C)2023映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』ロケリ勢大期待のロケットリーグの実写化映画、『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』 の公開日が3月8日(金)に決定。
同時に今回、予告映像・ポスターが解禁されました。

モニターを越えて、勝ち負けを超えて、彼らの青春があふれ出す

「俺、これ出るわ」学校の壁に貼られた【全国高校eスポーツ大会メンバー大募集】のポスターを見て興味を持った、金髪のやんちゃな外見の翔太(奥平大兼)は、ポスターを作った1学年先輩の【eスポーツ】上位ランカー・達郎(鈴鹿央士)に連絡する。1チーム3人編成の<ロケットリーグ>にエントリーしたい達郎は、人数合わせのためにクラスメートでたまたま席が近かった亘(小倉史也)を残り1枠にロックオン。「ガチのやつ?」と困惑気味の亘だが、達郎の猛プッシュに負け、しぶしぶチームに加わることに。本来なら放課後に交わることもなかった学年も性格もバラバラの3人が、にわかチーム<アンダードッグス(かませ犬)>を結成、全国大会に挑む!同じ学校だけどオンライン上で集合・解散する彼らは、友達未満のドライな関係で、激しく衝突したりもしない。初めは全く息が合わない彼らだったが、次第に競技に魅せられ、練習を重ねて、東京での決勝戦を目指していく……。
周りの大人から何と言われようが、「思いっきりやったら、“勝つとか負けるとかは、どーでもよくて”」。今しかない学生生活のこの瞬間を、全力でPLAYする3人が、勝ち負けを超えたその先で目にする景色とは―――。
不満はないけれど、なにかが足りない。そんなどこにでもいる10代男子が、熱中できるものを見付け、次第に仲間となっていく姿が60秒の映像の中に凝縮、青春真っ只中の爽快感があふれ出した予告編となっている。


予告編(60秒):https://www.youtube.com/watch?v=fCEUjm_DssI
ショート予告編(30秒):https://www.youtube.com/watch?v=MWhW1d5lPfE

<陽キャ×優等生×クセ強>の3人組が【全国高校eスポーツ大会】決勝戦へ!?

あわせて解禁となったポスタービジュアルでは翔太と達郎がコントローラー片手にゲーム台に座り、楽しげな笑顔を向けている。亘がタイトルからひょっこり顔を出しているのもご愛嬌。2人の後ろには<ロケットリーグ>の壮大なフィールドが広がり、彼らの操る車が勢いよく駆け抜けて、手を伸ばせばやがて青空にも届きそうなほどの躍動感みなぎるビジュアルに。

「この瞬間を本気で遊べ!」というキャッチコピーにあるように、3人のかけがえのない青春の1ページが今、動き出す!

達郎のクラスメートでVチューバー“胡桃のあ”に夢中のクセ強男子・亘役を務めるのは、映画・ドラマでも活躍する俳優・小倉史也。そのほか、山下リオ、花瀬琴音、三浦誠己、斉藤陽一郎、唯野未歩子、冨樫真、山田キヌヲ、薬丸翔、夏生大湖、岩本晟夢、徳留歌織、杉山ひこひこ、村上航、胡桃のあ(ぶいすぽっ!)、西間木冠、味元耀大、和田聰宏、古舘佑太郎が出演する。
「PLAY! 勝つとか負けるとかは、どーでもよくて」は、24年3月8日からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

公式サイト:https://happinet-phantom.com/play/
公式X:@play2024movie
プレスリリース:https://www.value-press.com/pressrelease/328520
映画.com:https://eiga.com/movie/100037/

どんな記事をお探しですか?
PR

ランキング

もっと見る

人気・注目

コミュニティライブ配信